●地球は「地獄の星」です。
 そのため、戦争、犯罪、ケンカ、病気や事故、種々の差別、原発、自然災害など、
 さまざまな問題(苦しみ)が満ちあふれています。

●日本航空123便墜落事件、米国の日本支配、安倍政権の戦争法案強行採決など、
 いずれも、地球が「地獄の星」だから生じます。

●やがて、これらの問題がまったく存在しない、「天国の星」に生まれ変わります。
●そのためにこそ、「21世紀」が存在します。
●「宇宙文明時代」とは、「天国の星」の時代を指します。

全記事のタイトル一覧(サイトマップ)を、こちらから、ご活用下さい

「FS」ならば、「飛行機の操縦」が素人でも自由に出来ます(3)2016年09月03日

[カテゴリ: 航空全般>その他]

第2回目の記事から続きます。
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2016/08/31/8166416

----------

第2回目の記事で、冒頭に掲げた、以下について述べます。

(B)企業(シミュレータ店)や博物館などに設置してある、「本格的な」フライト・シミュレータを利用する。

----------

第2回目の記事で述べたように、自宅のパソコンに「フライト・シミュレータ・ソフト」をインストールし、「安物」の操縦桿(エンジン・レバー付き)や方向舵ペダルを使えば、素人の「お遊び」シミュレータ操縦は、それなりに、いくらでも楽しめます。

飛ばせる航空機の種類も、単発小型プロペラ機(いわゆるセスナ機など)から、大型4発ジェット旅客機(ジャンボ機)、さらにはグライダー、ヘリコプターなど、いろいろあります。

それで、十分満足出来る人も、多いと思います。
(ただし、「重いソフト」なので、ある程度以上の性能を持ったパソコンが必要です)。

一方では、飛行機の「操縦室」としては、あまりにも貧弱であり、物足りないと思う人も、少なくないはずです。

その不満を少しでも補うために、企業レベルの「本格的な」フライト・シミュレータを操縦する方法があります。

もちろん、本格的であれば、あるほど、「お金」がかかります。
「満足度と費用」を比較して、何をどのように選ぶか、自分なりに判断する必要があります。

素人で、まったくの初心者が、安心して利用出来るところとして、例えば、以下のものがあります。

(1)『 LUXURY FLIGHT(ラグジュアリー・フライト)』
http://737flight.com/

(参考)『 LUXURY FLIGHT のブログ』
http://ameblo.jp/luxuryflight/

機種:ボーイング737-800(比較的小さな、双発ジェット旅客機)
    ビーチクラフトG58バロン(小型、双発プロペラ機)

会員制ですが、非会員でも自由に利用出来ます。
非会員の場合、かなり費用が割高で、飛行コースは用意されているものから選びます。
会員の場合は、自由に飛行コースを決められます(シミュレータ・ソフトが対応出来る範囲内で)。

ボーイング737-800の「ファーストクラス」、および、ビーチクラフトG58バロンの「教官あり」は、本物のパイロットが、インストラクターとして指導してくれます。
それ以外のコースは、店のインストラクターが行います(パイロットではありませんが、シミュレータの専門家です。素人同然ではありません)。

会員の有効期間は、1年間。
シミュレータを操縦するたびに、会員カードにポイントが付き、20ポイントになると、次回の年会費が無料になります。
1年間に、何度も利用すれば、結果的に次回の年会費が無料になるようにしてあります。
これに限らず、サービス精神にあふれた店です。

場所:東京・大田区(羽田空港のすぐ近く)
帰りに、空港を見物するのに最適の場所です。
国際線ターミナルまで、歩いても20分程度です。
ターミナルから見るのとは、まったく違った空港の風景を、歩きながら楽しめます。
テレビドラマなどに出てくる羽田空港の場面と、まったく同じ風景に出合うかもしれません。

インターネット上で予約すると、「予約を受け付けた」旨の画面が現れます。
この時の、会社の所在地が「東京都」ではなく、「埼玉県」になっています。
同社は、元々「埼玉県」にあったためです。
その後、現在の「東京・大田区」に移転しました。
ただし、本社は、今でも「元の埼玉県」なので、上記画面での所在地は「埼玉県」になっています。
所在不明の「怪しげな会社。怪しげな店」ではありません。

ボーイング737-800の場合、操縦桿は、両足の間で前後に動かすので、女性はスカートを避けた方が賢明です。
ビーチクラフトG58バロンの場合は、足はじゃまになりませんが、スカートを避けるに越したことはありません。
シミュレータではなく、実機の場合、どんな種類の航空機であっても、女性パイロットはスカートを避けるのが当然です。


(2)『FSO(フライト・シミュレーション沖縄)』
http://www.fsokinawa.com/

機種:ビーチクラフトG58バロン(小型、双発プロペラ機)
ただし、小型プロペラ機の範囲内で、何機種か自由に選べます(シミュレータ・ソフトの切り替えにより)。

会員制はなく、誰でも自由に利用出来ます。

ホームページを見ると、例えば、「ハーフコース」は約30分となっています。
しかし、30分以外は受け付けないという意味ではありません。
希望すれば、60分でも可能です。
ただし、そのぶん費用がかかるのは、言うまでもありません。

飛行コースは、誰でも自由に選べます。
一方、「おまかせ」も可能です。
もし必要があれば、具体的なことは、予約時に問い合わせて下さい。
あらかじめ決めず、当日その場で、具体的に決めることも可能です。

インストラクターは、現役の若手パイロットです。
ただし、大手航空会社ではなく、小型機のパイロットです。
それだけに、小型機操縦にまつわる「生の話」を、いろいろ具体的に聞かせてもらえます。

本物のパイロットになるための、正規の訓練コースもあるようです。
このコースのインストラクターは、ベテラン・パイロットもいるようです。
詳しいことは、先方に問い合わせて下さい。

場所:沖縄本島・北谷町(嘉手納基地の南側)
以前は、西海岸に面した「アメリカンビレッジ」にある、ホテル「ザ・ビーチタワー沖縄」の中にありました。
現在の場所は、このホテルから、比較的近いところです。
帰りに、「アメリカンビレッジ」で楽しむのに、うってつけの場所とも言えます。


(3)『公益社団法人 日本航空機操縦士協会』
https://www.japa.or.jp/

名称から明らかなように、同会は「単なる営利企業」ではありません。
本物のパイロットのための組織です。

そのため、本物(実機)のパイロット志望ではない、「素人のお遊びシミュレータ操縦」目的には、厳密に言えば、不向きです。

しかし、一般素人が自由に利用出来る「本格的な」シミュレータ施設は、それほど多くはありません。
そのため、参考までに紹介しておきました。

機種:セスナ172S型(小型、単発プロペラ機)
    ビーチクラフトB58型。ビーチクラフトG58型(小型、双発プロペラ機)

以下のコースは、誰でも申し込めるはずです。

②体験搭乗(平日限定)
ライセンスをお持ちではない方に空の楽しさをお伝えするコースです。
https://www.japa.or.jp/ftd

だいぶ前になりますが、1度だけ、これと同様のコースで操縦をしたことがあります。
申込みの際に、「パイロット志望ではない。完全な素人のお遊び目的であるが、それでも良いか?」という主旨の問い合わせをしました。

「それでも構わない」との、明確な返事を受けたので、そのまま予約しました。
ただし、時間は30分間ではなく、1時間で行いました。

※ 上記のように、同会は、本物のパイロット団体なので、特に理由がない限り、「素人のお遊びシミュレータ操縦」目的には、あまりお勧めしません。
ただし、先方が「それでも構わない」と言明した場合は、心配いりません。

一方、これを機会に、「可能ならばパイロットの免許を取ってみようかな」、と思う場合は、かえって好都合です。
遠慮なく、大いに申し込むべきです。

場所:東京・港区(JR山手線・新橋駅近く)
以前は、同じ新橋で、別のビル内にありました。
JR新橋駅の近くに、「航空図書館」(航空会館ビル内)があります。
シミュレータ操縦の帰りに、この図書館に立ち寄ることも可能です。
外国の航空雑誌も、多数あります。写真をながめるだけでも楽しめます。
入館は無料です。
『航空図書館』
http://www.aero.or.jp/koku_tosyokan/koku_toshokan.html

<場所に関する項目、追記 H28 / 2016-9-3>

-----------------------------------

次回は、上記(1)『 LUXURY FLIGHT(ラグジュアリー・フライト)』で行った実際の操縦について、具体的に述べる予定です。

------------------------

<以下、長文のため、第4回目に続きます>

------------------------

<< 第1回目に戻る
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2016/08/28/8165090

<< 第2回目に戻る
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2016/08/31/8166416


               当記事(第3回目)の先頭に戻る >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2016/09/03/8168369


                         第4回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2016/09/15/8190590

                         第5回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2016/09/24/8199373

                         第6回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2016/12/21/8285459

                         第7回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/01/11/8315381

                         第8回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/01/18/8326265

                         第9回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/02/18/8367296

                        第10回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/07/15/8621121

                        第11回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/07/22/8625526

                        第12回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/07/27/8628737

                        第13回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/07/29/8629975

                        第14回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/08/04/8640055