●地球は「地獄の星」です。
 そのため、戦争、犯罪、ケンカ、病気や事故、種々の差別、原発、自然災害など、
 さまざまな問題(苦しみ)が満ちあふれています。

●日本航空123便墜落事件、米国の日本支配、安倍政権の戦争法案強行採決など、
 いずれも、地球が「地獄の星」だから生じます。

●やがて、これらの問題がまったく存在しない、「天国の星」に生まれ変わります。
●そのためにこそ、「21世紀」が存在します。
●「宇宙文明時代」とは、「天国の星」の時代を指します。

全記事のタイトル一覧(サイトマップ)を、こちらから、ご活用下さい

米国トランプ大統領が、世界を大混乱に陥れるのは、「人類進化」にとって非常に好ましいと言えます(1)2017年02月02日

[カテゴリ: 精神世界>地球社会]
[カテゴリ: 社会問題>支配]

米国で、トランプ大統領が、無事に誕生しました。

インターネット上では、大統領就任を阻止するため、暗殺はもとより、米国内で大規模な暴動を起す、あるいは、第3次世界大戦を起す、などの説も流れていました。

まずは、一安心と言えます。

少なくとも、日本のマスコミでは、トランプ大統領に対して、批判が渦巻いています。

しかし、それが正しくないのは、言うまでもありません。

トランプ大統領が、やろうとしているのは、「闇の支配者たち」を叩きつぶすことです。

そのため、「闇の支配者」側が、必死になって、抵抗しているわけです。

米国の議会、政府機関、州機関、マスコミ、企業、芸能界、その他、あらゆる場に、「闇の支配者たち」が、入り込んでいます。

一般国民の中にも、存在しているはずです。

それは、支配する側にとっては、当然のことです。

そうでなければ、支配できるものではありません。

それらの者たちが、トランプ大統領に対して、一斉に、あるいは、次々と、批判したり、反対したりしているわけです。

もちろん、それとは無関係に、「純粋に善良な人間として」、批判や反対をしている人々も、少なくないと思います。

しかし、それは、結果的に、「闇の支配者たちに、利用されている」ことになります。

客観的に見れば、好ましいことではありません。

----------

トランプ大統領の「就任演説全文」から、一部を引用します。

※ 出典: 『東京新聞、平成29年(2017年)1月22日、朝刊』

(引用)
※ 読みやすくするため、原文にはない改行を、それぞれ加えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 ただし、今日の式典には特別な意味がある。

単に政権交代が実現し、権力が政党から別の政党へと移っただけではない。

権力を首都ワシントンからあなた方国民に返還するのだ。


 あまりに長きにわたり、政府から恩恵を享受するのは首都にいる一握りの人々にとどまり、国民にはしわ寄せが及んできた。

ワシントンは繁栄しても、国民が富を共有することはなかった。

政治家が潤う一方で、職は失われ、エ場は閉鎖された。

支配層は保身に走り、市民を擁護しようとはしなかった。

支配層の勝利や成功は、皆さんの勝利や成功とはならなかった。

支配層が首都で祝杯を挙げていても、懸命に生きる全米の人々に浮かれる理由はなかった。


 ▽全てが変わる

 ここから、たった今から、全てが変わる。

この瞬間は皆さんのためにある。

今日ここに集まった皆さんと、式典を見守る全米の皆さんのためにある。


 今日は皆さんこそが主役で、これは皆さんの祝典だ。

そしてこの米国は皆さんの国なのだ。

大切なのは、どの政党が政権を握るかではない。

国民が政府を動かしているかどうかが大切なのだ。
-----------------------------------------------------------------------------
(引用、以上)

この引用文は、「闇の支配者たち」の存在を知っている人たちならば、トランプ大統領が何を言おうとしているのか、良く分かるはずです。

一方、「闇の支配者たち」の存在を知らない人たちにとっては、「何を言っているのか、さっぱり分からない」可能性が、十分あり得ます。

ただ単に、新しい大統領になった者が、「美辞麗句 《びじれいく》 」を並べ立てている、「自画自賛 《じがじさん》 をしている」と、受け止める可能性が、十分あり得ます。

これでは、結果的に、話になりません。

「ズバッと」言うべきです。

「闇の支配者たち」が何をしてきたか、具体的に言うべきです。

「闇の支配者たち」とは、誰たちなのか、具体的に言うべきです。

それを、明確に言わず、このような「きれい事」発言で済ましてしまうから、「マスコミの餌食 《えじき》 」になるのです。

選挙運動中から「訳の分からぬ暴言を吐き続けた」トランプ氏が、大統領になったら、「さらに、自分勝手な発言を始めた」と、不当な批判に利用されてしまうのです。

「911米国同時多発テロは、米国政府・イスラエル政府の自作自演だ」と、明確に発言するべきです。

「世界で頻発 《ひんぱつ》 している多数のテロは、CIAが裏で糸を引いている」と、明確に発言するべきです。

「ISISは、米国政府が作った」と、明確に発言するべきです。

「911の『犯人オサマ・ビンラディン』は、CIA工作員だ」と、明確に発言するべきです。

これらの「非常に重大な真実」を、明らかにすれば、トランプ大統領は、決して「暴言を吐いているのではない」と、世界中の人々が、容易に理解できます。

そうなれば、マスコミの「不当な批判」も、封じ込めることが出来ます。

「闇の支配者たち」を叩きつぶす、「絶好の機会」と言えます。

トランプ新大統領の就任演説は、実際問題として、世界中の人々が注目していたはずです。
(「いったい、何を言い出すのか?」という意味において)。

米国はもとより、全世界に「真実を、ぶちまける」絶好の機会です。

最高の機会を、トランプ大統領本人が、「つぶしてしまう」のは、本末転倒です。

これでは、話になりません。

もし仮に、「お祝いの席である就任式」で、このような「どぎつい発言(演説)は出来ない」というならば、その翌日にでも、例えば「大統領特別声明」などの方法で、いくらでも可能なはずです。

大事なのは、「やる気があるか、どうか」です。

-----------------------------------

<以下、長文のため、第2回目に続きます>

-----------------------------------

               当記事(第1回目)の先頭に戻る >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/02/02/8347839


                         第2回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/02/03/8349582

                         第3回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/02/09/8356096