●地球は「地獄の星」です。
 そのため、戦争、犯罪、ケンカ、病気や事故、種々の差別、原発、自然災害など、
 さまざまな問題(苦しみ)が満ちあふれています。

●日本航空123便墜落事件、米国の日本支配、安倍政権の戦争法案強行採決など、
 いずれも、地球が「地獄の星」だから生じます。

●やがて、これらの問題がまったく存在しない、「天国の星」に生まれ変わります。
●そのためにこそ、「21世紀」が存在します。
●「宇宙文明時代」とは、「天国の星」の時代を指します。

全記事のタイトル一覧(サイトマップ)を、こちらから、ご活用下さい

踏切内で「人を救助」する時は、「非常ボタン」を、ぜひとも「最優先に押すべき」です(2)2017年05月16日

[カテゴリ: 便利な情報]

第1回目の記事より、続きます。
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/05/13/8557385

----------

念のため、第1回目の記事で掲示した、「図2(事故の状況説明図)」を、再度掲示しておきます。

事故の状況説明図

(図2)事故の状況説明図(再掲)
(出典: 『東京新聞』4月16日、朝刊)

※※ 図を参照しながら、本文をご覧になる場合、当記事を「二つのタブ」で同時に開き、一方のタブを「図の表示専用」にすると、非常に便利です。


この踏切には、第1回目の記事で述べた、「非常ボタン」が、4カ所あります。

それを、下記の「図7」に示します。

(注) 図の各番号は、第1回目の記事から「継続する番号」で、以下表示します。
   ただし、「再掲する図」の番号は、「元の番号」を用います。

「非常ボタン」は、全部で4カ所(A~D)

(図7)「非常ボタン」は、全部で4カ所(A~D)
(出典: 『Google マップ・八丁畷駅』を一部引用、追記)

(注) 「A~D」の表示は、説明のために、勝手に付けました。正式な名称ではありません。

「第1回目の記事」に掲げた、「図3~5」の非常ボタンが、上記の「図7」では、「Aの位置」にあります。

念のため、「第1回目の記事」に掲げた「図5(「非常ボタン」設置場所の様子)」を、再掲しておきます。

「非常ボタン」設置場所の様子

(図5)「非常ボタン」設置場所の様子(再掲)



以下の「図8~10」に、「非常ボタンB~D」の各写真を、掲げておきます。

踏切平面写真「図7」で、「Bの位置」にある非常ボタン

(図8)踏切平面写真「図7」で、「Bの位置」にある非常ボタン


踏切平面写真「図7」で、「C、Dの位置」にある非常ボタン

(図9)踏切平面写真「図7」で、「C、Dの位置」にある非常ボタン

「図9」は、踏切の西側(正しくは北西側)です。

手前に見える、歩道の背面・右側方向に、駅(西口)があります。


車道に面している「非常ボタンC」

(図10)車道に面している「非常ボタンC」

「A~D」4カ所ある非常ボタンで、この「C」だけは、「車両通路」に面しています。

「図10」の右側が「車両通路」、左奥側が「歩行者通路」です。

(注) この写真は、車道上で撮影したものではありません。
(道路をはさんで、向かい側の歩道上から、ズーム・レンズで拡大撮影しました)。

----------

写真撮影をしている時に、歩道で自転車を押している中年女性から、話しかけられました。

事故に関する話を、しばらく交わしました。

踏切に設置してある「非常ボタンの存在」を、まったく知らないようでした。

一方、駅ホームに設置してある「非常ボタン」は、大多数の人が知っていると思います。

八丁畷 《はっちょうなわて》 駅ホームの「非常停止ボタン」を、以下に示します。

八丁畷駅ホームの「非常停止ボタン」

(図11)八丁畷駅ホームの「非常停止ボタン」


八丁畷駅ホーム「非常停止ボタン」の表示板

(図12)八丁畷駅ホーム「非常停止ボタン」の表示板



八丁畷駅ホーム「非常停止ボタン」全体の様子

(図13)八丁畷駅ホーム「非常停止ボタン」全体の様子


-----------------------------------

<以下、長文のため、第3回目に続きます>


-----------------------------------

<<第1回目に戻る
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/05/13/8557385


                 当記事(第2回目)の先頭に戻る >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/05/16/8562152


                           第3回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/05/19/8566841

                           第4回目に進む >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/05/27/8576192





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
当ブログの「題名」は、次のどれでしょうか?

今は21世紀
21世紀は宇宙文明時代
二十世紀は梨だ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/05/16/8562152/tb