●地球は「地獄の星」です。
 そのため、戦争、犯罪、ケンカ、病気や事故、種々の差別、原発、自然災害など、
 さまざまな問題(苦しみ)が満ちあふれています。

●日本航空123便墜落事件、米国の日本支配、安倍政権の戦争法案強行採決など、
 いずれも、地球が「地獄の星」だから生じます。

●やがて、これらの問題がまったく存在しない、「天国の星」に生まれ変わります。
●そのためにこそ、「21世紀」が存在します。
●「宇宙文明時代」とは、「天国の星」の時代を指します。

全記事のタイトル一覧(サイトマップ)を、こちらから、ご活用下さい

「共謀罪」ついに強行成立。「独裁国家・日本」に突入。しかしながら、やがて「彼らは消滅」する。恐れてはなりません2017年06月17日

[カテゴリ: 社会問題>支配]

「共謀罪」(改正組織犯罪処罰法)が、今年6月15日、参議院本会議にて、日本政府が強行成立させました。

自民党、公明党、日本維新の会など、多数派が賛成し、成立しました。

いよいよ「独裁国家・日本」が、目に見える形で、動き始めると言えます。

----------

日本政府は、「一般人は、監視や捜査の対象にしない」と、さんざんウソをついてきました。


「○○氏は、一般人ではない」と、警察が一言、発言すれば、○○氏は、たちまち一般人ではなくなります。

○○氏は、たちまち「監視や捜査の対象者」になります。

「警察、検察、裁判所、マスコミ」いずれも、「裏の世界」において、日本政府の「下請け会社」です。

「警察、検察、裁判所、マスコミ、日本政府」が、一体となって、○○氏を、思う存分「押しつぶす」ことが出来ます。

○○氏が、「すべての一般人に、等しく当てはまる」のは、言うまでもありません。

日本政府にとって、「すべての一般人」に対して、いくらでも、「監視や捜査の対象」にすることが出来ます。

----------

冤罪 《えんざい》 とは、ありもしない犯罪を、意識的に作り上げることです。

したがって、共謀罪においても、○○氏が、「本当の犯人」である必要は、まったくありません。

日本政府が、「○○氏を押しつぶせ」と命じれば、「警察、検察、裁判所、マスコミ」が、それぞれの立場に基づいて、「共謀罪違反」という、冤罪 《えんざい》 事件を「意識的にでっち上げる」ことが、いくらでも可能です。
(命じるのは、日本政府に限りませんが)。

そういう意味において、「共謀罪違反」に関して、「それを立証する、正当な証拠」など、まったく必要ないと言えます。

要するに、警察のやりたい放題、どうにでもなります。

----------

安倍内閣が、急に、このような「ひどい日本」を作り出したのではありません。

例えば、インターネット上では、安倍首相を「気違い呼ばわりしている」発言が少なくありません。

それは、事実上、まったくピントが外れています。

「安倍晋三」氏個人が、「気違いである、ない」に関わらず、さらには、首相が「誰であるか」に関わらず、いずれ、遅かれ早かれ、このような「ひどい日本」に陥るのは、当然の成り行きです。

これは、「闇の支配者たち」による、日本に対する「長期計画」の一環だからです。

----------

以下の記事を、以前に掲げました。

(既存の記事A)
『いよいよ日本政府が戦争に突入する。ただし、その思惑が実現するかどうかは不明』
2016年03月29日
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2016/03/29/8059620

この記事中で、かつて、年賀状を通じて、今のような「ひどい時代が到来する」ことを警告していた旨、述べました。

(既存の記事B)
『年賀状の掲示』
2016年01月01日
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2016/01/01/7967677

「平成18年(2006年)」の年賀状です。

(一部引用A)
-----------------------------------------------------------------------------
タイトル2: 日本の軍国化と人類の進化

昨年、「台本どおり」自民党が圧勝しました。

平和憲法の消滅、戦争憲法の発現、自衛隊の正規日本軍化は時間の問題です。
-----------------------------------------------------------------------------
(一部引用A、以上)


「平成19年(2007年)」の年賀状です。

(一部引用B)
-----------------------------------------------------------------------------
タイトル1: 防衛省昇格、新教育基本法は、戦争化を加速

防衛庁を省に変える本当の理由は、戦争準備です。

また、日本を骨抜きにするのが、GHQ占領政策の根本目的です。
そのための教育基本法です。
これを明らかにし、米国の、目に見えない日本支配を断つなら、教育面からの改革と言えます。

ところが、政府はこれをすり替え、ひたすら、国家のための国民を作ろうとしています。
要するに、戦争に突入した、かつての戦前に戻すのが真の目的です。
-----------------------------------------------------------------------------
(一部引用B、以上)


これより、もっと前、「中曽根内閣誕生」をニュースで知った時、「身の毛が、よだち」ました。

「間違いなく、いずれ日本は戦争に突入する」と、直観しました。

----------

以上のように、素人に過ぎない私でも、これぐらいは、いくらでも認識できるのです。

にもかかわらず、多くの人々が、ひたすら自民党や公明党を、ありがたがって支持し続けました。
(公明党の本質は、「第2自民党(自民の下請け会社)」そのものです)。

その結果、平成29年、2017年の今、安倍内閣によって、このような「ひどい日本」が、彼らの長期計画通り、出来上ってしまったのです。

日本国民にとって、これは、完全な「自業自得 《じごうじとく》 」です。

今ごろになって、「共謀罪反対」だの、「安倍首相けしからん」だの、叫んでも、何の意味もありません。

完全に、「後 《あと》 の祭り」です。

同じ叫ぶならば、「闇の支配者たちの『下請け会社』をやめろ」と、言うべきです。

「安倍首相」に限らず、日本政府は、「闇の支配者たちの『下請け会社』として」、意識的に、日本を踏みにじっているのです。

そこに、すべての問題が、あるのです。

日本国民の側が、それに気付かず、ただ単に、安倍内閣を批判しても、彼らにとって、「痛くも、かゆくも」ありません。

そんな批判は、無視すれば、たちまち、握りつぶせます。

それは、「森友学園問題」が、事実上、うやむやになってしまったことを見れば、明らかです。
(彼らが、何食わぬ顔をして、意識的に「うやむやにした」のです)。

----------

ただし、野党は、すべて「隠れ自民党」です。

すべての野党が、「役立たず」です。

例えば、野党に選挙で投票しても、何の役にも立ちません。

かつて、政権を取った民主党が、それを実証しています。
(民主党だけの問題では、ありません)。

そもそも、国会自体が、「まともな議会」ではありません。

「議会あって、会議なし」です。

会議は、「発議」 「質疑」 「討議」 「採決」の4要素から、成り立ちます。

ところが、日本の国会では、「発議」 「質疑」 「採決」の3要素しか、ありません。

「会議で一番大事」な、討議が、欠落しています。

「質疑」が、もっともらしく「討議」であるかのように、「見せかけて」います。

これも、「闇の支配者たち」による「差し金」の一つです。

----------

「共謀罪成立」によって、日本は、「本物の独裁国家」に、どんどん転落して行きます。

だからこそ、日本国民の側は、それを「恐れては」なりません。

恐がれば、恐がるほど、彼らの「思う壺 《つぼ》 」です。

恐がれば、恐がるほど、彼らが、「襲いかかって」来ます。

日本政府も含め、「闇の支配者たち」は、地球最大の「暴力団」と言えます。

暴力団の「脅迫、恐喝」に対して、人々が恐がれば、恐がるほど、彼らは「つけ上がり」、ますます、襲いかかって来ます。

それを防ぐには、彼らに対して「毅然 《きぜん》 とした態度を取る」のが、当然です。

それこそが、日本国民にとって、「最大の防御策であり、最大の攻撃策でもある」と言えます。

----------

やがて、地球は、「天国の星」に生まれ変わります。

換言すれば、「地獄の地球は、やがて消滅」します。

それは、とりもなおさず、現在の日本政府も含め、「闇の支配者たち」は、やがて消滅する、ということです。

「やがて消滅する」と、分かっている連中に対して、「永久に存続するかのように思い込み」、彼らに対して、ひたすら恐がるのは、まったく意味がありません。

例えて言えば、平成29年の現代は、「昭和20年7月に相当する」と、言えます。

「昭和20年7月」ならば、あと「たった1カ月」で、戦争(太平洋戦争。第2次世界大戦)が終わり、日本国民に対して、いばりまくっていた「日本軍が消滅する」のです。

そんな日本軍に対して、永久に戦争が続くかのように思い込み、ひたすら「平身低頭する」必要はありません。

するべきでも、ありません。

ところが、当時の日本国民には、それが、分かるはずもありません。

しかし、現代ならば、「小学生でも」分かるはずです。

それと同じです。

本質が理解できれば、「同じ」と、分かります。

一方、本質が理解出来なければ、いつまでも、日本政府に対して、恐がり続けることになります。





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
当ブログの「題名」は、次のどれでしょうか?

今は21世紀
21世紀は宇宙文明時代
二十世紀は梨だ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/06/17/8599197/tb