●地球は「地獄の星」です。
 そのため、戦争、犯罪、ケンカ、病気や事故、種々の差別、原発、自然災害など、
 さまざまな問題(苦しみ)が満ちあふれています。

●日本航空123便墜落事件、米国の日本支配、安倍政権の戦争法案強行採決など、
 いずれも、地球が「地獄の星」だから生じます。

●やがて、これらの問題がまったく存在しない、「天国の星」に生まれ変わります。
●そのためにこそ、「21世紀」が存在します。
●「宇宙文明時代」とは、「天国の星」の時代を指します。

全記事のタイトル一覧(サイトマップ)を、こちらから、ご活用下さい

北朝鮮・中距離弾道ミサイル「火星12」発射実験の映像は「非常に不自然」です。何か「裏がある」と思えてならない(4)2017年06月28日

[カテゴリ: 社会問題>支配]

第3回目の記事から続きます。
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/06/23/8602968

<今回が、最終回です>

----------

前回(第3回目)の記事で、「金正恩」について、述べました。

その中で、「金正恩」が画面に登場すると、動画から静止画に切り替わると述べました。

その理由として、以下のように、推測しました。
-----------------------------------------------------------------------------
「金正恩」の表情、振る舞い(手足、体全体の動き)、などを、「(事実上)見えなくするため」ではないかと思います。
-----------------------------------------------------------------------------

一方、同じ第3回目の記事で、「図8」を通じて、兵士たちが、「金正恩」を大歓迎しているかのように見える、とも述べました。

両者を、単純に比べると、静止画によって、「金正恩」の表情などが分からなくなるならば、同様に、静止画によって、兵士たちの表情なども、良く分からなくなる、という論理が成立します。

それならば、兵士たちが「金正恩」を、本当に大歓迎しているとは、限らないとも言えます。

それでもなお、兵士たちの表情や、仕草などを、これら一連の静止画像で見る限りでは、本当に、大歓迎をしているかのように見えます。

そのため、第3回目の記事で、本物の兵士たちではなく、「俳優を集めて『迫真の演技』をさせている可能性もある」と、言明したわけです。

-----------------------------------

ここから、本題に入ります。

ミサイルではなく、「北朝鮮の自走砲(大砲)演習」に関する記事があります。

(他者サイトB)
『北の砲撃演習はショー? 「不自然」「安全でない」…合成写真説も』
2017.4.27 23:50
<産経ニュース>
http://www.sankei.com/world/news/170427/wor1704270067-n1.html

一部を引用します。

(引用F)
-----------------------------------------------------------------------------
…… 北朝鮮メディアは25日の朝鮮人民軍創建記念日に行われた「建軍史上最大規模」の砲撃演習の様子を伝えたが、掲載された写真に不審点が多いことをソウルの複数の軍事筋が指摘した。

……「数キロの海岸沿いに並んだ300門余りの大口径自走砲が一斉に砲門を開いた」などと報じ、写真には自走砲が3列にぎっしりと並び、砲撃している様子も写されていた。
-----------------------------------------------------------------------------
(引用F、以上)

この記事、「他者サイトB」には、「2枚の写真」が掲示してあります。

ミサイルはもとより、大砲に関しても、私は素人ですが、この2枚の写真を見た時、「非常な違和感」を覚えました。

「何じゃ、これは?!」と思いました(笑)。

何とも「不自然な感じ」が、しました。

インターネットで検索した、「自走砲の射撃」動画を、以下に掲げます。

『陸上自衛隊・最大火力の射撃  203ミリ自走りゅう弾砲 2015・7・5 富士駐屯地』
2015/07/05 に公開
<teru nishizumi>
https://www.youtube.com/watch?v=lSZ_LrJQ5JA


『マダムも興奮! 203mm自走りゅう弾砲(空砲、blank shot)射撃の一部始終』
2011/07/21 にアップロード
<yashichi87able>
https://www.youtube.com/watch?v=TNUXpLF-i-8


『大韓民国陸軍 K9 155mm自走榴弾砲 (K9 Thunder) 』
2012/11/22 に公開
<迷彩ちゃんねる>
https://www.youtube.com/watch?v=_I2QD9mpaWI


(参考1) 「自走砲」は、外観が戦車に似ていますが、戦車とは異なります。
単純に言えば、自走能力を持つ「単なる大砲」です。
「自走能力を持たない場合」は、専用の牽引車を用います。
ただし、現代では、自走砲ではない大砲でも、「簡易な自走能力を持つ」場合があります。

(参考2) 大砲には、少なくとも「榴弾 《りゅうだん》 砲と、カノン砲」の2種類あります。
ただし、現代では、その区分が、ほとんど存在しない(事実上、榴弾砲に統合)と、「ウィキペディア」にあります。


これらの動画を見ると、砲身を、いずれも40度くらい上に向けて砲撃しています。

あくまでも理屈の上では、仰角45度の時、一番遠くまで、砲弾が飛びます。

この種の大砲(自走砲に限らず)は、小銃や機関砲などと異なり、目標を直接目視して、砲撃するのではありません。

山を越えた向こう側など、例えば30キロメートル先など、かなり遠距離の目標に対して、目標を直接見ない「間接照準」で砲撃します。
(目標を確実に視認できる場所に、観測兵を送り込み、砲兵部隊に照準の指示を与えます)。
(もし仮に、レーダーを使うにしても、「間接照準」に変わりないはずです)。

そのため、仰角45度に限らず、所要の仰角で、砲撃します。
(砲弾が、上空高く、放物線を描いて、目標まで飛びます)。

仰角0度、またはそれに近い仰角で砲撃することは、通常は、事実上、行わないと思います。
(状況によっては、あり得るかもしれませんが)。

ところが、上記の「他者サイトB」記事にある「2枚目の写真」を見ると、「砲身をほとんど水平(仰角0度)」にして砲撃していると思えるものがあります。

水平に砲撃しているように見える写真

(図9)水平に砲撃しているように見える写真
(出典: 上記「他者サイトB記事」にある「2枚目の写真」を引用。追記)
http://www.sankei.com/world/photos/170427/wor1704270067-p2.html


「水平に砲撃しているように見える写真」の拡大図

(図10)「水平に砲撃しているように見える写真」の拡大図
(出典: 上記「他者サイトB記事」にある「2枚目の写真」を一部引用。追記)
http://www.sankei.com/world/photos/170427/wor1704270067-p2.html

この拡大図(図10)を見ると、緑枠内で、砲撃している自走砲の砲身は、ほぼ水平を向いているように見えます。

仰角が、「ほぼ0度」ということです。

発射した砲弾が飛んで行く方向を示したのが、水色の矢印です。

(注) 元の画像が小さく、不鮮明なので、水色矢印の方向も、あまり正確ではありません。

しかし、砲身の方向から見ても、「ほぼ水平方向に、砲弾が飛んで行くはず」と推測できます。

これでは、第1列目(海側)にある、自軍の自走砲を、「直撃する」はずです(笑)。

こんな方向に「砲撃するはず」がありません。

明らかに「やらせ写真」です。

その前の、「図9」を見ると、第1列目(海側)の自走砲は、その多数が、砲撃中ではなく、「自走砲自体が、炎を上げて、燃えさかっている」かのように見えてしまいます(笑)。

これも、非常に不自然です。

さらに、「図9」では、3列の自走砲が、それぞれ、一斉に砲撃しています。

これでは、第1列目、第2列目の砲兵たちにとっては、「自分の後から、自分をめがけて『実弾』が飛んでくる」ことになります(「図10」と同様)。

「危なっかしくて」、たまりません(笑)。

いくら北朝鮮といえども、こんな危険なことをするとは、とても思えません。

ますます、「やらせ写真」としか思えません。

----------

北朝鮮が、今年4月15日に行った、軍事パレードでも、「偽物兵器」が登場したと、言われています。

(他者サイトC)
『北朝鮮のパレードで公開された兵器は偽物 専門家【写真】』
2017年04月27日 22:19
<Sputnik 日本>
https://jp.sputniknews.com/politics/201704273582172/

一部を引用します。
※ 読みやすくするため、原文にない改行を、一部加えています。

(引用G)
-----------------------------------------------------------------------------
北朝鮮で4月15日に行われた軍事パレードの目的は、軍事力や近代的なタイプの兵器や機器のデモンストレーションだった。

またパレードには北朝鮮の「特殊部隊」が参加した。

(中略)

一方、米国の軍事専門家で元情報将校のマイケル・プリジェント氏によると、「特殊部隊」の兵器の大部分は偽物だという。

プリジェント氏は「これらの兵器は恐らく威嚇するもので、戦闘では本物のような効果はないだろう」と述べた。

(中略)

またプリジェント氏によると、対戦車兵器用の弾丸も実物大の模型以外の何物でもないという。
-----------------------------------------------------------------------------
(引用G、以上)

ただし、この「引用G」で、最後の行は、納得できません。

「…… 対戦車兵器用の弾丸も実物大の模型以外の何物でもない ……」とあります。

「実物大の模型」ではなく、「本物の弾丸」を、軍事パレードの会場に持ち込んだら、どうなるか?

兵士のうっかりミスや、兵器の誤動作などが起きれば、この「本物の弾丸」が、実戦同様に、「発射されてしまう」ことになります。

それが、「要人たちが列席している、観客席を直撃した」らどうなるか?

「大騒動」になります。

実弾演習ではなく、単なる「軍事パレード」に、「本物の弾丸」を持ち込むのは、あまりにも「むちゃくちゃ」です。

そういう意味において、「実物大の模型」なのは、「インチキではなく、当然の措置」と言えます。
(うっかりミスに見せかけた、要人の暗殺も防ぐ必要があります)。

ただし、北朝鮮の軍隊が、この対戦車兵器用として、実際に保有しているのが、「実物大の模型だけ」で、「本物の弾丸を保有していない」ならば、話が大幅に変わってくるのは、言うまでもありませんが(笑)。

----------

同じ、この「軍事パレード」に登場した、大陸間弾道ミサイルも、「張りぼて」との説があります。

(他者サイトD)
『模型ミサイルで軍事力誇示 崖っぷち金正恩のハッタリ作戦』
2017年4月20日
<日刊ゲンダイDIGITAL>
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203836/1

※ 「3ページで、1組」の記事です。

「2ページ目の一部」を引用します。
※ 読みやすくするため、原文にない改行を、それぞれ加えています。

(引用H)
-----------------------------------------------------------------------------
■新型ミサイルは“ハリボテ”の可能性大

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏が言う。

「私がパレードを演出するための模型と思ったのは、ロシアのICBM『トーポリM』を模倣したような形をした全長20~22メートルの弾道ミサイルです。

“本物”は発射すると、先端の円すい形の部分が外れて分離するため、胴体部分との継ぎ目に“大きなミゾ”がくっきりと表れる。

しかし、映像と写真を分析する限りそれが確認できませんでした。

また、車輪付き移動式ミサイルの発射台には万が一の暴発に備えて鎮火するための消火設備が必ず備え付けてあるのに、それも見当たらなかった。

実際にパレードを取材したわけではないので断言はできませんが、今回の新型ミサイルは火薬を積んでいない“ハリボテ”とみています」
-----------------------------------------------------------------------------
(引用H、以上)

一方、これとは、逆の記事もあります。

(他者サイトE)
『北朝鮮、パレードで見せたハリボテICBMの意味
「米本土を狙う固体推進剤ミサイルの開発を止めない」と宣言』
2017年4月20日(木)
<日経ビジネス ON LINE>
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/217467/041900046/

一部を引用します。
※ 読みやすくするため、原文にない改行を、一部加えています。

(引用I)
-----------------------------------------------------------------------------
先に言っておくと、このICBMはまず間違いなくモックアップ、実物大の模型だ。

では、単なるこけおどしだから心配は要らないのか? 

そうではない。

パレードでのお披露目は北朝鮮が世界に向かって「このサイズのICBMに核弾頭を搭載するまで技術開発を止めない」という宣言であり、その意味するところは重大だ。

米トランプ政権は、北朝鮮に対して「核兵器開発を止めよ」という圧力を掛けているが、北朝鮮はそれに応じず、「どんどん賭け金をつり上げるぞ」と意思表示をしているのだ。
-----------------------------------------------------------------------------
(引用I、以上)

この「引用I」が、事実なのか、それとも「張りぼてミサイル説」を、ごまかすための偽論理なのか、素人の私には、分かりません。

どちらであっても、北朝鮮が、「軍事パレード」で、「張りぼてミサイル」を登場させたのは、間違いないものと思います。

----------

これら、一連の記事(説)を眺めると、北朝鮮は、必要があれば、いつでも、いくらでも「偽物を平然と登場させる、ウソつき国家」なのは、明らかです。

ということは、「第1回目の記事」以来、何度か掲示している、「動画A」においても、いくらでも「偽物を、紛れ込ませている可能性」が、十分あり得ると解釈できます。

(動画A)(再掲)
『新型ミサイル試射は「ロフテッド軌道」か=北朝鮮』
<ニュース映像センター時事通信>
https://www.youtube.com/watch?v=nmDJAxS7ZPw

この動画の、再生時刻、「0:00」から、「11:17」まで、すべての時間において、すべての画像において、どこにでも「偽画像を紛れ込ませている(動画、静止画、いずれも)」可能性が、十分あり得ます。

あるいは、逆に、「あるはずの画像を隠している」、などの可能性も、十分あり得ます。

もちろん、この「動画A」に限りません。

端的に言えば、北朝鮮に関する、すべての話、例えば、「日本政府の発表や、マスコミ報道」でさえも、「作為があっても」不思議ではありません。

少なくとも、日本のマスコミは、新聞、テレビいずれも、「毎日、ウソ報道の垂れ流し」です。

日本政府の発表も、同様です。

例えば、米国911同時テロは、アルカイダやビンラディンが犯人だと、ウソをついています。
(実際は、米国やイスラエルの自作自演です)。

東日本大震災は、米国やイスラエルによる、人工地震であるにもかかわらず、自然発生した地震だと、ウソを垂れ流しています。

安倍内閣支持率も、かつて60%と、ウソをついていました。
(この当時の、本当の支持率は、勝手な想像ですが、おそらく20%程度だろうと思います)。

今、やっと東京新聞などが、「安倍内閣支持率5%程度と、本当の数字らしきもの」を報じるようになってきましたが。

いずれにせよ、日本のマスコミは「日本政府の下請け会社」です。

日本政府の指示にしたがって、ウソ報道を垂れ流すのが「本来の任務」です。

そのため、北朝鮮に関する報道でも、これらに比例して、あるいはそれ以上に、「ウソ報道を垂れ流しても、決して不思議では」ありません。

日本政府の発表も、同様です。

「第3回目の記事」でも述べたように、北朝鮮に関しては、「非常に大きな裏がある」と、思えてなりません。

(「地球は地獄の星」なので、北朝鮮に限らず、あらゆる面で、「非常に大きな裏がある」のは当然ですが、一連の当記事では、「北朝鮮に限定」して述べました)。

-----------------------------------

<今回が、最終回です>

-----------------------------------

<<第1回目に戻る
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/06/14/8596671

<<第2回目に戻る
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/06/22/8601920

<<第3回目に戻る
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/06/23/8602968


                当記事(第4回目)の先頭に戻る>>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/06/28/8606244







コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
当ブログの「題名」は、次のどれでしょうか?

今は21世紀
21世紀は宇宙文明時代
二十世紀は梨だ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/06/28/8606244/tb