●地球は「地獄の星」です。
 そのため、戦争、犯罪、ケンカ、病気や事故、種々の差別、原発、自然災害など、
 さまざまな問題(苦しみ)が満ちあふれています。

●日本航空123便墜落事件、米国の日本支配、安倍政権の戦争法案強行採決など、
 いずれも、地球が「地獄の星」だから生じます。

●やがて、これらの問題がまったく存在しない、「天国の星」に生まれ変わります。
●そのためにこそ、「21世紀」が存在します。
●「宇宙文明時代」とは、「天国の星」の時代を指します。

全記事のタイトル一覧(サイトマップ)を、こちらから、ご活用下さい

【連絡事項】 次回に予定する、「日本航空123便墜落事件で、ボイスレコーダ記録」の記事は、まだ時間が、かかります / 別件「座間事件」2017年11月16日

[カテゴリ: 連絡事項]

前回の 「連絡事項」 記事で、「日本航空123便墜落事件」 での、「ボイスレコーダ記録に関する疑問点」 について述べると、お知らせしました。

ところが、皮肉なことに、「個人的な用事」 が、いくつも集中しました。

そのため、この記事の更新が遅れています。

もし、うまく行けば、今週中には掲示できるかもしれません。

遅くとも、来週中には、掲示できると思います。

お待たせして、すみませんが、よろしくお願いします。

-----------------------------------

以下、別件です。

神奈川県・座間市での 「9遺体発見事件」 は、インターネット上では、「臓器売買」 が裏にあると盛んに言われています。

おそらく、それが真相だと思います。

また、これ以上の 「裏」 があるかもしれません。

いずれにしろ、報道されている 「容疑者」 一人だけによる、単なる 「猟奇的な犯罪」 ではないと思います。

もちろん、「金目当て」 ではないはずです。

自殺願望の若い女性や、まして、女子高生など、「一番お金がない人たち」 と言えます。

なお、この容疑者が居住(?)していた、座間市のアパートで 「臓器を摘出した」 とは思えません。

「不衛生な場所」 で摘出したのでは、臓器が細菌などに汚染され、「商品として」 使い物にならなくなる恐れがあるはずです。

正規の病院(手術室)などで、摘出したと思います。

このアパートは、「被害者を手に入れる場所、および、摘出後の、不要になった残りの遺体だけを処理する(隠す?)ための場所」 として用いたと思えてなりません。

このアパートのすぐ近くに 「米軍座間基地」 があります。

仮に、そこが 「臓器摘出場所」 であったとしても不思議ではありません。
(米軍基地は、日本を利用するために存在しています)。

ただし、そうだと断言は出来ませんが。

インターネットでは、このようなことが、いろいろ見えてきます。

非常に有益です。

一方、誤った情報もあり得るので、注意も必要ですが。

いずれにしても、このような、ひどい残酷な事件が起こるのも、地球が 「地獄の星」 だからです。





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
当ブログの「題名」は、次のどれでしょうか?

今は21世紀
21世紀は宇宙文明時代
二十世紀は梨だ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2017/11/16/8728761/tb