●地球は「地獄の星」です。
 そのため、戦争、犯罪、ケンカ、病気や事故、種々の差別、原発、自然災害など、
 さまざまな問題(苦しみ)が満ちあふれています。

●日本航空123便墜落事件、米国の日本支配、安倍政権の戦争法案強行採決など、
 いずれも、地球が「地獄の星」だから生じます。

●やがて、これらの問題がまったく存在しない、「天国の星」に生まれ変わります。
●そのためにこそ、「21世紀」が存在します。
●「宇宙文明時代」とは、「天国の星」の時代を指します。

全記事のタイトル一覧(サイトマップ)を、こちらから、ご活用下さい

新幹線『のぞみ34号』の「台車破損事故」は、「脱線・転覆を企むテロ攻撃事件(未遂)」と思えてならない(7)2018年08月16日

[カテゴリ: 社会問題>支配]

「第6回目の記事」 から続きます。
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2018/07/26/8925793

-----------------------------------

前回(第6回目)の記事で、岡山から乗り込んできた、3名の 「検査担当社員(車両保守担当者)」 が、新大阪駅で、床下点検を行わずに立ち去ったのは、非常に不自然と述べました。


■ 発言13

「第4回目の記事」 で、3名の 「検査担当社員」 に関して、「発言9」 にて、以下のように述べました。

>(行動B) 「自分自身の直属上司など」 に対して、「新大阪駅で床下点検を行う」 と報告するはず。

(第4回目の記事)
『新幹線『のぞみ34号』の「台車破損事故」は、「脱線・転覆を企むテロ攻撃事件(未遂)」と思えてならない(4)』
2018年07月08日
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2018/07/08/8911511


3名の 「検査担当社員」 は、「JR西日本」 の社員なので、「JR西日本」 に存在する自分たちの上司に、「新大阪駅で床下点検を行う」 旨、状況報告をするのは、職業人として当然と言えます。

そうなれば、その上司から、「(床下点検した結果) トラブルの原因が分かったら、すぐに知らせてくれ」 と指示を受けるのは、これも当然と言えます。

にもかかわらず、自分たちが 「やる(やりたい)」 と、みずから言明した 「床下点検を行なわず」、新大阪駅で、さっさと下車し、立ち去ってしまいました。

これでは、自分たちが、トラブルの原因を把握するのは、不可能です。

自分たちの上司に、「トラブル原因が何であるか」 の報告ができません。

明らかに不自然です。

これも、完全に矛盾していると言えます。

----------

なお、同じ 「第4回目の記事」 で、「発言10」 にて、以下のように述べました。

>『のぞみ34号』が、新大阪駅で点検のため長時間停車しているにも関わらず、「JR東海側の車両点検担当者」 が、「いつまで経っても現れない」 ことになります。

>「一体どうなっているんだ?!」 と、「車両保守担当者」 「車掌」 「運転士」 の三者が、騒ぎ出すのは、目に見えています。


ただし、これは、「第4回目の記事上」 での論理です。

実際には、3名の 「検査担当社員」 は、新大阪駅で、床下点検をせず、さっさと立ち去っています。

したがって、『のぞみ34号』が、新大阪駅で点検のため長時間停車しても、上記の 「車両保守担当者」 たちは、「JR東海側の車両点検担当者」 が、「いつまで経っても現れない」 と、騒ぎ出すことはあり得ません。

-----------------------------------

以下、長文のため、第8回目に続きます。

-----------------------------------

<< 第1回目に戻る
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2018/05/04/8844178

<< 第2回目に戻る
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2018/05/12/8849977

<< 第3回目に戻る
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2018/06/28/8905236

<< 第4回目に戻る
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2018/07/08/8911511


<< 第6回目に戻る
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2018/07/26/8925793


                 当記事(第7回目)の先頭に戻る >>
http://21utbmjdai.asablo.jp/blog/2018/08/16/8943666